コンテナベースとは

まずはご相談ください。その悩み私たちコンテナベースが解決します。

「コンテナを使った住宅を作りたい!」
「コンテナハウスって大体どれくらいの費用で建てられるの?」
「こういうのが作りたいから提案してほしい!」

コンテナについて色々と調べてたらここにたどり着いたけど、
そもそもコンテナベースって何者なの?

そもそもコンテナは、世界の物流の要とも言えるほど貨物輸送にとってなくてはならないもの。
世界中の物資を安全に効率よく運ぶために、世界中のコンテナの寸法が揃えられています。
そんなコンテナのメリットを建物に応用したのがコンテナハウスです。

一般的な建物にはないスマートな外観や、拡張性の高さ、移動性などを備えたコンテナハウスは、いまじわじわと人気が高まっています。
そんなあなたも、店舗から住宅、大型施設まで、様々なコンテナ建物が各地で建てられているのを目にしたことはないでしょうか。

無骨で洗礼されたデザインのコンテナはとても憧れますし、コンテナを使ってみたいって思いますよね。

ですがいくらで建てたられるのかイメージがつかないのが現実…

こんにちは。
長年建築関係に勤務していた経験を生かし、これまでコンテナベースで建築全般に関する沢山のご相談をうけてきた、コンテナベースの宮川です。

この記事をご覧になっているという事は、今まさに「コンテナの検討している」方だと思います。

ですがイメージしてるものが建てられる?果たしてこのくらいの費用で建てられるのだろうか?など具体的なコンテナに関する費用など参考になる情報は詳しく乗っていません…
まさに未知の領域です。

そこで今回多くの実績がある私たちコンテナベースが、今まで培った多くの経験と知識を整理し、全国各地のコンテナに興味のあるすべての方の疑問を解決します!

しかしコンテナベースが何者か分からない状態ではありますよね…
本当にこの会社に頼んでいいのだろうか。他社と何が違うのだろうか。とても気になるところだと思います。

なのでこのお話しの前半では、私達コンテナベースがどんな活動をしてきたのかを、後半ではこれまでの提案と施工事例や頂いた質問に対する回答を紹介しています。

少し長い内容になりますがコンテナハウスを検討している人に是非読んで頂きたい内容になっているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.コンテナベースとは

さっそくですが私達コンテナベースについて、自己紹介も兼ねて少しお話しさせていただきます。

現在私が属するコンテナベースは、日本のコンテナハウス制作の歴史を作ってきたコンテナハウスのコンソーシアムとして活動しています。

コンテナハウスのパートナー
株式会社archmetal.jp…コンテナを使用した建築物が日本でほとんど存在しなかったころからコンテナハウス制作を行ってきました。
株式会社モデルノデザイン…300棟を超える注文住宅やリフォーム建築にかかわってきた実績をもとに施工を行っています。

こうして設計から施工までをワンストップで行えるようにした共同事業体であるコンテナベースは、
コンプライアンスを順守した建築用コンテナの製造を始め、コンテナハウス、ガレージ、店舗、移動式工業用プラント、福祉施設、ショッピングモールなど多くのコンテナを使用した建築を行っています。

コンテナベースだからこそ、コンテナハウスに興味を持っていただいた皆様のご希望に応えられるように、きめ細やかなサポートを約束できるのです。

コンテナハウス制作に関するお問い合わせはこちら

またコンテナベースが紹介するコンテナ建築は、日本の建築基準法に準拠し、国土交通省が認定した工場で資格を保持した熟練の技術者が製造している建物のみです。

世の中には中古コンテナを活用したコンテナハウスや改造コンテナハウスなどが存在しますが、
コンテナベースで紹介するコンテナ建築はそれらのコンテナハウスとは全く別物です。

10年以上にわたってコンテナ建築に携わり、日本でもトップクラスの知識をノウハウを持っているからこそ可能な、正しいコンテナハウスの情報をお届けします。


コンテナベースの概要について少しお話しさせていただきました。
ここからは私達がどんな活動をしているのか、もっと深く掘り下げていきます。

2.弊社の特徴を生かした自由な設計

事前知識としてコンテナについて少し説明します。

実はコンテナにも2つの種類があるってご存知でしたでしょうか。
あなたは思い浮かべるコンテナとはどのような形をしていますか?このようなものではないでしょうか。


「そうそうこれこれ!」
巷に高く積まれてるカラフルでフォトジェニックなコンテナを思い浮かべると思います。
そう、タンカーに乗せて世界をまたにかけるコンテナです。

しかしこのコンテナ実は…ISO海洋輸送用コンテナと言い、日本の建築基準をクリアしていないものなので、構造的に建築に使うことができません。

つまり店舗やオフィスやカフェなどなど…建築で使われているコンテナは基本的に建築用コンテナであり、ISO海洋輸送用コンテナではないです。

詳しくは(ISO海洋輸送用コンテナと建築用コンテナの違いがまとめてあります)

建築用コンテナとは?建築基準法に則った建築用コンテナはISO海洋輸送コンテナとは別物だった

2017.06.12

ISO規格の海上用コンテナでは日本の確認申請が取得できないため、
弊社ではJIS規格の鋼材を使用して建築基準法に遵守したコンテナハウスを製作しています。

ISO海上輸送用コンテナと違い、建築用コンテナはラーメン構造(柱構造)設計のため弊社コンテナでは、自由度が高いおしゃれなコンテナを作ることができるのです。

その一例をご紹介しますね。

2―1.特別な柱を使う事で見栄えが全然違う、コンテナハウス。

弊社が採用しているコンテナは他のコンテナとは違い、見た目を本格的かつスタイリッシュに見せるために柱鋼材は

L型の構造材を使用しています。

上記写真で紹介しているワインセラーで見ていきますと、ちょうど写真の中心に左右の扉に挟まれている「柱」が「L時に窪んでいる」のがわかりますでしょうか。

実は弊社がとくに拘っているポイントなんです。
些細なことですがL型の構造材を使用することにより、コンテナハウスらしい無骨なデザインをスタイリッシュにデザインしています。

本当に真四角のコンテナを使うよりも、L型の構造材を使用することで洗礼された外観がさらに引き締まってるように見えますね。

4―2.コンテナに解放感を!

コンテナとコンテナをただ組み合わせるだけですと、どうしても解放感が出ず閉鎖的な印象を与えてしまいます。
というわけで弊社はコンテナとコンテナに間をあけ、大梁で繋ぐことも可能にしました。

これまでは20フィート、40フィートでサイズが決められているコンテナを使って、うまく敷地いっぱいまで建てることが非常に困難でしたが。
今までの経験と研究により様々な敷地のサイズに対応可能なケースも増えてまいりました!

例えば上記で紹介しているコンテナハウスでは、後々イタリアンレストランを開店する予定のコンテナハウスです。
向かって左側のコンテナがキッチンや水回りになっており、中心の部屋とキッチンを隔てるのはコンテナの壁になっています。

そのためお食事に来られるお客様はコンテナの壁の向こうで調理をしているシェフを見ながら食べることができ、
更に開放的な窓で、狭さを微塵も感じさせない作りとなっています。

またこのコンテナハウスは土の部分にウッドデッキを作り、お洒落なテラス席も作る予定です。
コンテナ+テラス席で特別な空間で満天の星空…素敵なお食事を楽しめること間違いなしですね。

2―3.コンテナを斜めで設置!?インパクト抜群のスタイル!

その突飛な発想もお任せあれ。

弊社コンテナで多くご注文を頂く中のひとつに斜めコンテナがあります。

ただでさえインパクトがある外観ですが、斜めに設置することでスタイルアップ。
無骨体系が一気にモデル体型に様変わりします。


もちろん斜めに置くメリットは外観だけではありません。
その見た目もさることながら、内部は吹き抜けで明るく広い空間を確保することが可能なんです。

まるで教会みたい!聖なるものを感じますね。

採光にも優れ、コンテナの狭くて暗いというイメージに解放感をもたせることができます。

2―4.無骨さと解放感を

斜めで配置できるなら縦でもいけます!

一つだけ縦置きに使用したりすると存在感が更に際立ちますね。

存在感を演出するだけが目的ではなく、縦置きのコンテナは階段室にしたり吹き抜けにも使用し解放感を与えます。
見た目のインパクトも十分なのでシートを張って看板代わりにするのも最適ですよ。

思わず「おっなんだあれ!」「フォトジェニック!」と足を止めちゃいますよね。

また手軽に無骨さをアップすることができるため、要望が多い設置方法です。
一階建てのコンテナハウスであっても1本縦置きするだけでも迫力が出ますし、この空間だけ屋根が高いほうが嬉しいという要望にも対応することができます。

例えば玄関だけ吹き抜けの天井を高くすることで、採光を図りながら広々と見せることができます。

そのほかにはバスルームにすることで、おしゃれで上質かつ空を眺められる優雅な空間にもなります。

2―5.木造とコンテナのナチュラルハイブリッド


まさに海と森のハイブリッド。

重量鉄骨と木造を融合することで人工物と自然との調和を図り、上記で紹介しているビンテージ風な建物にもぴったりとマッチしています。

また木造を一部使用して設計するため、費用を抑えることができる大きなメリットもあります。
さらに無骨のイメージとは別に、ナチュラルな印象も与えるできる事もできるため、豊富な利用シーンにも対応するも可能です。

自然が加わることでまた違ったコンテナの一面を見ることができますし、お洒落で暖かいイメージも出ますよね。

2―6.積雪に考慮した設計

こちらは積雪を考慮し20フィートコンテナを斜めに分けて屋根として使用します。
本来コンテナはコンテナは20フィートもしくは40フィートでなければコンテナの輸送システムが利用できず、運賃が高額となってしまいます。

そこで、コンテナ輸送システムを逆手に取り上下重ねて20フィート1本として運ぶことで運搬費用を抑えるようにしました。

ただ屋根を斜めにするのではなくデザイン性、手法を用いて実現することができます。

3.建築確認対応コンテナハウス実績№1これまでのご提案

日本のコンテナハウス制作の歴史を作ってきたコンソーシアムであるコンテナベースがいままでお客様に提案してきた一部をご紹介します。

3―1.重量鉄骨の平屋住宅を1,000万円で建築可能にした商品



20フィートコンテナを両サイドに配置し、それぞ構造材でつなぎ、ほぼ4.5台分の面積を2台で実現することによってローコスト化を進めています。
さらにコンテナ1台に水回りを集約させることで、設備系の配管長などを最短化した、コストを抑える設計となっています。

60平米程度の住宅を1000万円で作る事を目指したプロジェクトで、おおむね50万/坪。
2台のコンテナをつなぐ「梁」が重要なポイントになってきます!

中央にできる「あいだ」を空間するために、つなぎ壁のデザインとつなぎ構造材を研究し、「あいだ」の壁は「副構造材」として設計しました。

アルミサッシなどの「サッシ類」の数を減らし、コンテナのデザインとしても特徴を出し、コスト的にも有利さを出しています!

参考価格:1,000万円(税抜き)
床面積:62平方メートル(約19坪)

【施工事例】千葉県富浦のハイグレードでありながら安価なワンデザインクラスのコンテナハウス

2017.07.07

3―2.デッキを備えたローコストコンテナハウス

コンテナを3台使用することで剛性を保ちながら、縁側の様なデッキスペースを実現しました。

休みの日にはデッキにテントを建ててキャンプをしたりするのもいいですね。
また、バーベキュースペースにしたりと、遊び心のあるスペースになる事は間違いないです。

住宅用コンテナを3台配置し、デッキと居住スペースを効果的にレイアウトしています。

参考価格:1,300万円(税抜)
床面積:66平方メートル(約20坪)

3―3.簡単設置のミニマムコンテナ

一部の屋根を取り払い、床面積を10㎡未満にすることで、素早く設置できるようにしたワンタッチコンテナです。

内装は4.5畳大のリビングにユニットシャワー、トイレ、ミニキッチン、ロフトベッド、デッキがついている正真正銘の最小住宅。
まさに究極のシンプルライフですね。

参考価格:300万円(税抜)
床面積:9.9平方メートル


3つほどピックアップさせて頂きましたが、その他施工事例も弊社サイトにて紹介しております!

【コンテナハウス施工事例】一覧!弊社施工のコンテナハウスを紹介します!

2017.06.14

4.まずはご相談ください。こんな疑問を解消します!

ここまでコンテナベースがどんな活動をしているのか紹介させていただきました。

正直にお話ししますと、コンテナハウスについて知ってもらうには、このページでは賄いきれません…

そこで!まずはなにを建てたいのか、どのくらいの費用で考えているのか、まずは小さな疑問や質問でも構いませんのでご相談ください。

私達コンテナベースだからできる解決・提案をいたします!

以下の様なニーズにもお応えします。

  • 費用を知りたい
  • 提案してほしい
  • 見積もりを出してほしいんだけど
  • コンテナでカフェをつくりたい!
  • なにから始めればいいの?
  • 段取りを知りたい
  • これって実現できる?
  • コンテナの知識がまったくないんですが…
    などなど…

このような内容でも構いませんので、一度お問い合わせください。

4―1.問い合わせからご提案までの流れ

弊社でお問い合わせをいただいてから、基本的に4つのステップで進行していきます。

1.問い合わせを確認!

お電話かお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
どんなものが作りたいのか、まずお問い合わせいただいた内容を弊社で確認いたします。

2.お電話をいたします。

どんなものを作りたいのか、費用感や規模感はどのようにお考えなのか、具体的な情報を一度洗い出すためにお電話させていただきます。
このフェースではお客様の心からのニーズや、悩み・お困りごとをヒアリングさせていただきます。

3.ご提案

ステップ1,2でいただいた内容を元に、弊社で提案資料を作成します。
完成後に「なんだかイメージしてたのと違う…」とならないように、
具体的にどのようなものになるか、この段階でご提案させていただきます。

4.打ち合せ

ご提案が通り次第、契約から施工までの流れの打合せをさせていただきます!

5.これまでにあったご質問

最後に検討されているみなさまへ、
コンテナハウスの疑問と回答。これまでにあった質問をいくつかまとめてみました。

Q. コンテナハウスはデザイン広さに制限がありそうなのですが、どの程度自由に設計できますか?
A.コンテナハウスは、四角い箱を組み合わせる建築物というイメージがありますが、想像以上に幅の広い設計が可能です。

コンテナという質感や特性を生かしつつ、壁を取り払った広いリビングや、開放的なキッチンなども設計可能です。

Q. コンテナハウスは建築確認申請など法的な基準に準拠していますか?
A.コンテナハウスでも建築確認申請は一般的な住宅、建物を同様に問題なくクリアできます。

私たちが取り扱うコンテナは、建設用に設計された建築基準法に準拠した建築用コンテナを使用しています。

建築基準法上では建築物としては扱うことができない
「ISO海洋輸送用コンテナ」は一切使用しておりません。

Q. 防火地域、準防火地域でもコンテナハウスの建築は可能ですか?
A. 建築予定場所の条件によって変わりますが、基本的に耐火建築、準耐火建築は可能です。

Q. コンテナハウスは暑いというイメージがあり、断熱性能に不安があります。
A.コンテナハウスは一般的な重量鉄骨建築と変わりありませんので、一般的な断熱処理を施すことができます。

内断熱、外断熱、発泡するポリウレタンフフォーム断熱などいくつかの選択肢から選ぶことも可能です。

Q. コンテナハウスは移動させることはできるのでしょうか?
A.設計段階でご要望いただければ、移動可能な設計を行うことが可能です。

しかし、建築基準の関係上、移動先でも法律に準拠した基礎工事、運搬・設置工事、屋外電気・給排水工事、建築確認申請費などの 建築付帯費用は別途発生いたします。

Q. コンテナハウスは地震に強いですか?
A.私たちが設計するコンテナハウスは全て建築確認申請を通すため、法律で定められた耐震基準は全てクリアいたします。

コンテナひとつの上からの力には26.7トンにも耐える構造になっています。

Q. コンテナハウスは何階建てまで可能なのですか?
A.3階建てまで建設が可能です。ただ、立地や条件によって規制があるため、お客様のご要望に沿って柔軟に対応をさせていただ
きます。

Q. 全国で対応可能でしょうか?
A.全国対応可能です。私たちはこれまでの700以上のコンテナ建築に携わり、北海道から沖縄の離島まで様々な地域のコンテナを
設計、建築の実績があります。

Q. コンテナハウスは安価で建設が可能なのでしょうか?
A.重量鉄骨の建築物を建築予定であればローコストでの建築が可能ですが、木造住宅と比べれば同等か少し高い位となります。

最も低価格なもので坪単価が50万円からでお考えください。

Q. 中古コンテナで安く建築することはできますか?
A. ISO海洋輸送用コンテナは建築確認申請の要件を満たすことができませんので、弊社ではお取り扱いいたしておりません。

Q. コンテナの大きさを教えてください。
A.基本のサイズは20フィートと40フィートになります。20フィートの場合は外寸で長さ約6m、幅約2.4m、高さ約2.9m、広さ15
㎡弱(約4.5坪)ほどです。


いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで、「よし分かった!とりあえずコンテナベースに相談してみよう!」とあなたの背中を押せたら嬉しいです。

まずはどんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お相手はコンテナベース宮川でした。

それでは、お待ちしております!

会社概要

商号株式会社archimetal.jp
(アーキメタルドットジェーピー)
所在地〒150-0034
東京都渋谷区代官山町1-8代官山太平洋ビル2階
電話番号03-6416-1240
URLhttps://containerbase.jp
主要事業建築設計、設計監理、生産設計、施工管理
商号株式会社モデルノデザイン / moderno design Inc.
所在地〒150-0034
東京都渋谷区代官山町1-8代官山太平洋ビル2階
建設業許可神奈川県知事 許可(般—27)第82059号
URLhttp://moderno-d.jp
主要事業設計施工、リフォーム工事、エクステリア工事