設備工事とは?電気・ガス・水道・空調などを設置する工事

編集長 松浦
躯体工事や外装工事、内装工事などを終え、ついに建築物の工程も設備工事の段階まで来ました。
コンノ
設備工事とは具体的にどのような工事を言うのですか?

設備工事とは

設備を導入するための一連の工事

設備工事とは建築物で利用される設備を導入するための工事です。電気やガス、水道、衛生設備など建築物の機能面において非常に重要な工事になります。

期間が広い

設備工事は配管など地下躯体の建設から実際に設備として目に見える部分の内装仕上工事まで様々なところで登場します。

そのため時間を考えず期間の長さで言えば、設備工事が一番長い期間現場に関わっていると言えるかもしれません。

計画の工程通りに進めることが大切

設備工事は建築物が完成した時に表面から見えることが少なく、他の工事によって隠れていってしまう部分でもあります。

そのため設備工事にミスがあったりタイミングを逃してしまったりすると、一度戻って施工のやり直しになるため、事前に決定された工程表通りに正確に作業を進めることが大切です。

設備工事の種類

電気設備工事

電気設備工事とは、名前通り建築物で電気設備を利用するための工事です。

ケーブルの配線作業や器具の設置などを他の工事の施工に合わせて工事を進めます。

電気設備工事とは?電力の引き込みから通信設備まで内容解説

2018年11月13日

空気調和設備工事

空気調和設備工事とは、建築物の温度や湿度、気流、清浄度などを調整するための設備を設置するための工事です。

適切な空気を保つための工事となっています。

空気調和設備工事とは?温湿度や空気の流れ、清浄度を整える設備工事

2018年11月14日

給排水衛生設備工事

給排水衛生設備工事とは、水やお湯を供給する水道工事はもちろんトイレや使用済みの水を排水する設備など水回り全般の工事です。

配管からシンク、便器の取り付けまで行います。

給水・給湯設備工事とは?設備の方式や種類について

2018年11月15日

昇降機設備工事・機械式駐車設備工事

昇降機設備工事・機械式駐車設備工事とは、建築物の中の人や物をスムーズに効率良く移動させるための設備を設置する工事です。

エレベーターやエスカレーター、機械式駐車場などが例に挙げられます。

防災設備工事

防災設備工事とは災害や火災などの予防・避難・消火などを目的にした設備工事です。

ここで多いのは火災を対象にしたものです。建築物と建築物内にいる人の安全が守られるよう、建築物の用途や規模に応じて法律で様々な義務がついてきます。

建築における設備工事まとめ

設備工事についてはざっくり知っていただけたのではないでしょうか。

それぞれの設備工事について詳しいことは関連記事から見ることができますので、ぜひ気になった設備工事があったらクリックまたはタッチしてご覧いただければと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

宮川

長年建築関係に勤務していた経験を生かし、コンテナベースで建築全般に関するご相談とお客様担当をしています。建築だけでなく、エアコン清掃や庭木の剪定、断熱の施工方法など住まいに関わる部分も得意としています。