ゼネコンとは?工事を直接契約する建設業者

コンノ
建築業界でよく聞かれるゼネコンってなんですか?機械の名前ですか?最新型のラジコンですか?
編集長 松浦
ゼネコンは機械でも最新型のラジコンでもありません。

ゼネコンの意味

工事一式を直接契約する建設業者

ゼネコンとは、建築物の工事一式の契約を直接注文者と結んでいる建設業者を言います(たとえば「○○建設」「△△工業」など)。

そもそもゼネコンは「General Contractor」という英語から来ており、和訳すると「一括請負業」「主契約者」「総合建設会社」などの意味があります。

大型工事も行う

家などの建築の場合はハウスメーカーを通した建築が多いため、ゼネコンと聞いてもピンと来ない人も多いかもしれません。

ゼネコンは一般的な家の建築だけでなく、大型施設や建造物の工事も手がけます

  • オフィスビル
  • 商業施設
  • 公共施設
  • 工場
  • テーマパーク

など普段私たちが何気なく利用していた施設や建造物も、ゼネコンと呼ばれる建設業者が大きく関わっています。

超大型工事の場合は複数のゼネコン

建設物の直接契約を結ぶゼネコンは1つとは限りません。

非常に大規模な工事や官庁発注の工事の場合は、1つの建設業者ではなく複数の企業が共同で契約を交わして施工にあたることもあります。

ゼネコンの仕事:資機材、技術者を手配

工事の必要な物や人材を調達

ゼネコンは工事の一式を請け負う契約を交わすと、建築物を完成させるために骨組み、土木、屋根、床、壁、電気、配管など、それぞれの専門工事ができる建設業者や建築に必要資機材を手配します。

この専門工事ができる建設業者をサブコンといい、ゼネコンの下請けとして仕事を受注し建設作業を行います。

サブコンとは?大型工事の一部を請け負う建設業者

2018年10月15日

ゼネコンの仕事:施工現場の管理

現場の管理・点検をする

ゼネコンは工事を一手に任されているため、手配が終わった後も建設現場では直接的な作業というよりも技術者たちの総合的な管理や点検、確認などを行います。

ゼネコンの仕事:施工図の作成

施工図とは

またゼネコンは工事をするにあたり設計図を基に「施工図」を作成します。

施工図はそれぞれの建築作業を行う技術者が作業を進めやすいよう、わかりやすく表現した図面です。スムーズにミスなく作業が進むよう、設計図にはない細かい寸法や表現をわかりやすく施工図に表現します。

施工図の種類

ゼネコンが作成する施工図には総合図・躯体図・製作図などがあります。基礎を作ったり内装をつくったり設備を整えたりと、専門工事によって必要な情報が記載されます。

スーパーゼネコンとは

大手&売上1兆円以上

大手と言われ売り上げ高も1兆円以上のゼネコンが「スーパーゼネコン」と呼ばれます。

スーパーゼネコンは建設業者でありながら自社で営業、設計、施工などを行えるため、多くの人材を外から手配する必要がありません。

その下にも準大手、中堅と続く

売り上げ1兆円に満たなければスーパーゼネコンとは言われませんが、その下にも3,000億円以上の売上を出す準大手、1,000億円の売上を出す中堅、主要ゼネコンと続きます。

ゼネコンまとめ

ゼネコンは、建築物の注文者(建築主)と直接契約を結ぶ建設業者であり、総合的な管理や広い視野が求められる仕事です。ゼネコンの施工管理を担当する施工管理技術者の仕事について気になった方は下の記事もあわせてご覧ください。

施工管理技術者とは?建築現場のQCDSEを管理する

2018年10月11日