空気調和設備工事とは?温湿度や空気の流れ、清浄度を整える設備工事

編集長 松浦

ここでは建築物のエアコンやダクト、換気システムなどの空気調和設備工事についてご紹介します。

空気調和設備工事とは

空気調和設備とは

空気調和設備とは建築物内の

  • 温度
  • 湿度
  • 空気の流れ
  • 空気の清浄度

などを適切な状態に調整するための設備です。これらの設備を整える工事を、空気調和設備工事や空調設備工事と言います。

空気の清浄度とは

最後の項目だけ抽象的に見えますが「空気の清浄度」とは空気の綺麗さを表すもので、空気中の微粒子が多いか少ないかで決まります。微粒子とはマイクロメートル単位の非常に小さな固体や液体で黄砂や粉塵、排気ガス、大気汚染物質などのことです。

空気調和設備工事の構成

上記の建築物内の空調設備は

  • 熱源機器
  • 空調機器
  • 換気設備
  • 配管・ダクト設備
  • 排煙設備

などからで構成されています。

熱源機器

熱源機器とは温風、冷風、温水、冷水、蒸気などをつくり出す設備です。ヒートポンプやボイラー、冷凍機、冷温水機器などが挙げられます。

ここで作り出した熱媒体がなければ、空気や水の温度を変えたりすることができません。

空気調和設備の方式:熱源方式

中央熱源方式

中央熱源方式とは、熱源機器を地下や屋上に設置して冷水・温水・蒸気など熱の媒体を製造して使用される場所に搬送する方式です。

個別分散方式

個別分散方式とは、各フロア・各エリアなどに熱源機器があり、それぞれ個別に運転することができる方式です。

空気調和設備の方式:空調機器

単一ダクト方式

単一ダクト方式とは、空調機から1本のダクトで各室内に空気調整のための空気が運ばれる方式のことです。中央熱源方式を用いる場合に使用される空調方式になります。

各ゾーンやフロア全体で空調機の設備を起動・停止を行うことになるため、一室だけ送風の温度を変えたりすることはできません。

床吹出空調方式

床吹出空調方式とは、床にある吹出口から空気が送られ天井にある吸込口から空気を吸込む方式です。二重床にして空気の流れを作る省エネを意識した空調システムになっています。

ファンコイルユニット方式

ファンコイルユニット方式とはファンコイルユニットという小型の空気調和機をつかった方式です。ファンコイルユニット毎に操作・コントロールできるので部屋ごとに個別で調節が可能です。

空気調和設備の方式:換気方式

建築物の換気については建築基準方や建築物衛生法など、法律の基準をクリアできる換気システムが必要です。換気方式については以下の方式にわけられます。

自然換気方式

自然換気方式とは、室内と室外の気圧の違いや風圧など自然の力や空気の流れを利用した方式です。

ただこの自然換気方式の場合、気圧や天候などにも影響されるため、安定した換気は期待できません。

機械換気方式

一方、機械換気方式は送風機と排風機を使って強制的に換気を行う方式です。機械を使って行うため自然換気方式に比べて安定した換気を行うことができます。

現在は機械換気の設備が義務になっているので、これから建てられる建築物には機械換気が採用されることになります。