家を建てる手順は?注文住宅を建築する場合の進め方を知っておこう

どんな家にしたいかコンセプトを決めよう

コンテナハウスも建築の進め方は注文住宅と全く同じなので、一般的な建築の進め方を解説していきたいと思います。

まずは、どんな家にしたいかコンセプトを決めることが大切です。ここで重要なのは家族構成やライフスタイルをもとに大切なポイントを順位付けしていきましょう。

例えば以下のようなリストを作成しよう

  • キッチンを広く取る
  • 部屋数3つは必要
  • ルーフバルコニーがほしい
  • 庭にバーベキューが出来るウッドデッキがほしい
  • リビングは○畳以上何人用ソファーを置く

手順のひとつめとして、これらをしっかり決めておくことによって予算のオーバーや無駄なオプションの設置を抑えられ、理想の住宅に進めることができるでしょう。

しっかり決めておかないとプランの変更や工期の変更等によって無駄な資金がかかってしまう場合もあるので重要になります。

どの会社に建築してもらうかを決めよう

次の手順は家づくりを依頼する会社を選定しましょう。

依頼先も様々あり、ハウスメーカーや工務店、設計事務所になるかと思います。

それぞれメリット、デメリットがあるのでしっかり特徴を把握し選定することが重要になります。

会社別のメリット・デメリット

  • 品質を重視するのであればハウスメーカー
  • コストパフォーマンスを重視するのであれば工務店
  • デザインを重視するのであれば設計事務所

など自分が重視する項目で選定すると良いでしょう。

重要なポイントのひとつが「人」

家が完成するまでには長い時間を要するため、打ち合わせも沢山することになります。

担当に付く営業とは常に連絡を取り合うため信頼関係の築ける相手であれば、より良い家づくりが出来るといえそうです。

無理のない資金計画をたてよう

資金計画は毎月の返済金額から考えましょう。

例えば今の賃貸に払っている金額で考えるのが良いかもしれません。無理のない返済金額で想定するのが良いでしょう。

土地代、建物代、諸費用で考えるため、立地が良い土地に費用をかけるのか、建物の設備にお金をかけるのか、返済金額をもとに考えていくとバランスの良い理想の家に近づいていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

宮川

長年建築関係に勤務していた経験を生かし、コンテナベースで建築全般に関するご相談とお客様担当をしています。建築だけでなく、エアコン清掃や庭木の剪定、断熱の施工方法など住まいに関わる部分も得意としています。