給水・給湯設備工事とは?設備の方式や種類について

給水・給湯設備工事について

給水・給湯設備工事とは

給水・給湯設備工事とは、建築物内の水やお湯を使用場所に運ぶための給水設備を設置する工事です。

水回りの設備を取り付ける排水工事や衛生設備工事などと合わせて行われます。

給水・給湯設備の仕組み

水は地域の給水場から地下に埋められている水道管(水道本管)を通って近所まで運ばれてきます。

建築物に水道を引く際は、水道本管に水道引込み管をつなげて水を引き込みます。引き込まれた水は一度ため込まれたりそのまま使用箇所に向かっていったり、給水方式によって水の運ばれ方が変わります。

またお湯が使用される時は運ばれてきた水が加熱装置(給湯設備)によって温められます。

給水設備工事

4つの給水設備の方式について説明します。

水道直結直圧方式

水道直結直圧方式とは、水道本管(給水場から引かれてくる水道管)の水圧によって建築物内の必要な箇所に給水する方式です。

一戸建ての住宅など比較的小規模で2階建て程度の高さで使用されます。ポンプなどを使用する必要がないのでかかる費用も安く済みます。

水道直結増圧方式

水道直結増圧方式とは、水道引込管(敷地内に水を引き込むための配管)に増圧ポンプを接続する方式です。

増圧ポンプを使用することで、高さ10階くらいの中層階の建築物になら水を届けることができます。

高置水槽方式

高置水槽方式とは、水道管から引き込んだ水を一度屋上に設置した高置水槽に水を送り、そこから下の階に重力を使って給水する方式です。

水道本管から引き込んだ水は受水槽(1階または地下に設置)に一度貯められ、揚水ポンプによって水を高層階まで高く運ばれます。運ばれた水はそれ以上、上に運ばれることがないのでどの階にも重力で水を送ることが可能になります。

ポンプ直送方式

ポンプ式直送方式とは、受水槽から直送ポンプユニットによって建築物内の必要な場所に水が運ばれる方式です。大規模な建築物にも使用可能。

加圧ポンプで水が直接使用される場所まで運ばれるので、高置水槽方式のような高い位置に水槽を用意する必要がありません。

給湯設備

給湯設備の方式は、局所給湯方式と中央給湯方式の2つに分けられます。

局所給湯方式

局所給湯方式とは、お湯を使用するそれぞれの場所に加熱装置を設置して給湯を行う方式です。一度に大量のお湯を使用しない住宅でよく用いられます。

中央給湯方式

中央給湯方式とは、加熱装置から管を利用して各使用場所にお湯を運ぶ方式です。ホテルや病院などお湯の使用量が非常に多い施設などで良く用いられます。