鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)とは?強度や耐用年数、防音性、メリットデメリット解説

編集長 松浦
今まで「鉄骨構造(S造)」と「鉄筋コンクリート構造(RC造)」について解説してきたので、今回は二つの建築構造を掛け合わせた「鉄骨鉄筋コンクリート構造」についてご紹介したいと思います。
コンノ
鉄筋コンクリート構造ですか…!どういう風に二つの構造が組み合わされるのか気になりますね!

鉄骨鉄筋コンクリート構造とは

鉄骨×鉄筋コンクリート

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC造)とは、鉄骨の柱の周りを鉄筋コンクリートで固める、鉄骨(S造)×鉄筋コンクリート(RC造)を掛け合わせた構造です。

略称もS造とRC造を掛け合わせた「SRC造」と呼ばれます。

鉄骨鉄筋コンクリート構造の施工方法

鉄骨鉄筋コンクリート構造の施工方法としては、あらかじめ指定の寸法と形で製作された鉄骨を柱や梁として建設現場で組み立て、組み立てた鉄骨の周りに細い鉄筋を組みます。

鉄骨の周りに格子状に組まれた鉄筋をさらに型枠で囲み、コンクリートを流し込んで固めるという構造になっています。

使用されている建築物

鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)は主に高層マンションなどに使用されています。また日本一高い建造物(電波塔)である「東京スカイツリー」にも使用されています

鉄骨鉄筋コンクリート構造の強度

強度、特に耐震性に優れている

鉄骨鉄筋コンクリート構造は二つの構造を併せ持っているため、耐震性、耐火性、耐久性など様々な面で強度が高いです。

特に耐震性については鉄筋コンクリート構造よりも高い強度を持っているため、地震の多い日本では注目の構造といえるかもしれません。

耐用年数

細目耐用年数
事務所用50年
住宅用47年
飲食店用34~41年
旅館・ホテル31~39年
店舗・病院用39年
車庫用38年
公衆浴場用31年
工場用・一般倉庫用38年
引用元:国税庁 耐用年数

鉄骨鉄筋コンクリートの耐用年数は、鉄筋コンクリート構造と同じです。住宅用の場合は47年と木造や鉄骨構造の耐用年数よりも長く設定されています。

鉄骨鉄筋コンクリート構造の防音性

壁の厚さによる

鉄骨鉄筋コンクリート構造はコンクリートを使用するので鉄骨構造よりも防音性は高いです。

しかし鉄骨を使用することで寸法を小さくできるため壁や柱は薄くなります。そのため壁の厚さが薄い場合は鉄筋コンクリートよりも防音性は劣ると言えます。

厚さは20cm前後~

もし鉄骨鉄筋コンクリート構造の建築物だった場合、壁の厚さがどれくらいなのかを確認するといいです。鉄骨鉄筋コンクリート構造でも壁が分厚ければ防音性は高いです。

壁の厚さの目安としてだいたい20前後かそれ以上であれば防音性に問題ないと言われています。

鉄骨鉄筋コンクリート構造のメリット

鉄骨と鉄筋コンクリートの良いところ取り!

鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄骨構造(S造)と鉄筋コンクリート構造(RC造)の良いところ取りをしたような構造となっています。

鉄骨構造より強度を高められる

鉄骨構造よりも鉄骨鉄筋コンクリート構造の方が強度を高めることができます。

鉄骨構造は木造構造よりは強度が高いですが、鉄筋コンクリート構造ほどではありません。強度が高い鉄筋コンクリートが鉄骨の周りにあることで、強度が高くなります。

鉄筋コンクリート構造より小さい寸法

鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりも小さい寸法で強度を高めることができます。

鉄筋コンクリート構造では細い骨組みである鉄筋とコンクリートで施工されるため、壁や柱がどうしても厚く太くなります。しかし鉄骨鉄筋コンクリート構造であれば柱の中心に鉄骨が入っているため、鉄筋コンクリート部分を薄く仕上げることができます。

そのため鉄筋コンクリート構造と鉄骨鉄筋コンクリート構造では、完成時に同じ敷地に対して鉄骨鉄筋コンクリート構造の方が空間を広く使うことができます

鉄骨鉄筋コンクリート構造のデメリット

時間と手間がかかる

鉄骨鉄筋コンクリート構造の建設工事では二つの構造を組み合わせることから、作業工程も多く作業自体も複雑になりやすいです。

そのため工期が他の構造に比べて長くなってしまいます。

コストが高い

また鉄骨鉄筋コンクリート構造ではより多くの部材が必要になりますし工期が長く手間もかかる分、コストもかさみます。

自由度が低い

さらに鉄骨鉄筋コンクリート構造は他の構造に比べて制約が多くデザインや設計の自由度が低いため、思うような希望が通せなかったりする可能性もあります。

鉄骨鉄筋コンクリート構造まとめ

編集長 松浦
以上、今回は鉄骨鉄筋コンクリート構造の特徴やメリット、デメリットなどについてまとめてきました。
コンノ
鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄骨構造のメリットと鉄筋コンクリート構造のメリット両方を得られるんですね。
編集長 松浦
はい、お互いのデメリットをフォローすることもできる構造ですね。
コンノ
ただ高いとなると、一般住宅ではあまり用いられなさそうですね。
編集長 松浦
そうですね。鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造でも十分な強度は得られますので、一般住宅の場合にはこの構造にこだわる必要は無いかと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

宮川

長年建築関係に勤務していた経験を生かし、コンテナベースで建築全般に関するご相談とお客様担当をしています。建築だけでなく、エアコン清掃や庭木の剪定、断熱の施工方法など住まいに関わる部分も得意としています。