山留め志保工!主な工法の違いや適した建築物を解説

編集長 松浦
今回は基礎工事の前段階、山留め工事の中でも志保工の工法がテーマです。
コンノ
志保工の工法?ってなんですか?
編集長 松浦
志保工とは建築物の工事を行う上で工事が終わるまでの支えになるもので、「志保工の工法」とは、その志保工を構築するための工事の方法です。
コンノ
方法は一つではないんですか?
編集長 松浦
山留め志保工だけでも構築にはいくつかの工法があります。今回はこの山留め志保工という地下工事の支えをつくる工事の方法について解説しますよ。

山留め志保工とは

地下の支えとなる構築物

山留め志保工とは、地下基礎工事を行う時に周りの地盤や建物などに影響が出ないように支えとなる構築物です。

山留め工事から本格的な工事が始まるので、工事の第一歩とも言えるかもしれません。

梁や杭でつくる

山留め志保工の構築には杭や梁を使います。志保工を作る前に構築した「山留め壁」が、工事でかかる圧力や振動に負けないよう、支える役目があります。

適切な方法を選ぶ必要がある

山留め志保工は、地盤を掘り返す深さ、面積、形状、高低差、土質、工事手順、周辺地盤など、現場によって最適なものを選択する必要があります。

どのように選んでいるのか、また工法でどのような違いや特徴があるのかなどを、工法の種類を一緒にご紹介してきたいと思います。

水平切梁工法

最もスタンダードな工法

一般的によく使われるスンダードな方法が「水平切梁工法」

水平切梁工法とは、鋼鉄製の棒状の切梁を格子状に組み立てて山留め壁を支える工法です。

どんな時に用いられる工法?

建築物の周辺に余裕がない場合や、敷地の高低差が少ない場所、ある程度深くまで地盤を掘り返す時などに用いられます。

一般的で無難な方法なので、他の方法より採用されやすい方法となっています。

自立山留め工法

志保工なしの工法

志保工なしで山留め壁だけに頼る「自立山留め工法」。山留め壁が刺さっている深さに頼って志保工を構築せずに掘削を行う工法です。

志保工の構築が必要ないので、山留め壁だけの手間や費用で済むメリットがあります。

どんな時に用いられる工法?

あまり深くまで掘ると山留め壁だけでは耐えられなくなるので、比較的浅い掘削で用いられます。

また周辺の敷地に余裕が無い場合にも採用されやすいです。

地盤アンカー工法

地下工事がしやすい工法

地盤アンカー工法は、掘削を行う背面に「地盤アンカー」という鋼材を釘のように打ちこんで山留め壁を支える工法です。

水平切梁のように格子状に組み立てない分、地下工事がやりやすいメリットがあります。

どんな時に用いられる工法?

広い面積の掘削や高低差がある敷地で利用されやすいです。ただ地盤アンカーを打ちこむにはいくつかの条件をクリアしなければならないので、どこでもできる方法ではありません。

法切りオープンカット工法

山留め壁もいらない工法

斜面をつくりながら掘削する「法切オープンカット工法」。

地下躯体が完成したら埋め戻しを行わなければなりませんが、山留め壁も志保工も必要ないというメリットがあります。

どんな時に用いられる工法?

法切りオープンカット工法は、本来掘削する場所の周りに斜面を作るため掘削周辺の敷地に余裕がある場所で用いられます。

また山留め壁も志保工も必要ないくらい、地盤がしっかりしていてなおかつ周辺に建物や埋没物がない場所でなければなりません。

アイランド工法

斜面に志保工を構築する工法

山留め壁に沿って斜面を残し、斜面に志保工を構築する「アイランド工法」

先に指揮の中央部を掘削して斜面をつくり、中央に基礎を構築します。次に斜面に対して切梁で志保工を構築し、周辺を掘削します。

どんなときに用いられる工法?

広い面積の掘削で、地盤アンカーが設置できない場所で採用されやすい工法です。

志保工の切梁の数を減らせますが、施工段階が2段階になってしまうので、時間がかかるデメリットがあります。

逆打ち工法

通常とは逆の手順になる工法

逆打ち工法とは山留め壁の設置後に、鉄骨をあらかじめ地中に埋めこみ、支柱として掘削と躯体工事を行う工法です。

躯体から先に作るという、今まで紹介した方法とは手順が逆の工法のため「逆打ち」という名前が付きました。

頑丈で変形の可能性が低い杭を用いるので、安全性が高いメリットがあります。

どんな時に用いられる工法?

逆打ち工法は、

  • 工期を短縮したい
  • 敷地に余裕がない
  • 周辺の構造物が多い

このような時に採用されやすく、市街での大深度掘削などでも利用されやすい工法となっています。

山留め志保工の工法まとめ

山留め志保工の主な工法をご紹介してきました。

志保工は建物が建つ前に解体されてしまったり上に建物が建って見えなくなってしまうので、完成してからは工法も分からなくなってしまうことが多いですが、始めの工事作業として大切な工事です。

安全な建築を求めるなら重要な部分になるので、ぜひチェックしておいてください。