コンテナハウスの断熱!コンテナが暑いイメージは間違いだった!造りも断熱も重量鉄骨造りと同じ

コンテナハウスは鉄板のイメージを持たれている

コンテナハウスというと夏は暑く冬は寒いイメージがあるかもしれません。しかし、実際には剛接合した枠組みのボックスというだけなので、コンテナハウスは普通の重量鉄骨造りと同じです。

もし建築用コンテナの壁をコンテナ風にしなければ、見た目は普通の建築物になるので、暑いというイメージはなくなるでしょう。

このため普通に断熱工事をすれば、気温、湿度は完璧にコントロールすることができます。

断熱の方法

内断熱

建築用コンテナではグラスウールとウレタンフォームを断熱材として使います。密閉断熱方式と通気型断熱方式の二種類を採用しています。

内断熱は一般的な施工方法のため、ほとんどの工事業者が内断熱を採用しています。

外壁断熱に比べれば一定の広さまではエアコンなど空調の危機が早いという利点があります。また外壁に何かを貼ったり施工できない場合にも内断熱が用いられます。地下室などは内断熱です。

反対に、断熱材のすぐ外側に外壁があるため、日射や外気の影響を受けやすく、温度変化を受けやすいというデメリットがあります。その他にも外との温度差により結露を起こしやすいなどいくつかのデメリットがあります。

現場で発泡するポリウレタンフォームの断熱

気密性が高く、断熱性能に最も優れた工法です。

コンテナの内壁に直接吹き付けて発泡し断熱するので、鉄板がすっぽりと内側から覆われて空気と触れることがなくなります。これによって内断熱のデメリットである結露の心配がなくなります。

最も優れた工法ですが、小規模だと割高になります。

外壁断熱

建築用コンテナの外側に、断熱材を裏に貼った外装パネルを張って断熱します。

外側をすっぽりと断熱材で覆ってしまう工法なので、結露がしにくく、断熱や気密処理が簡単なメリットが挙げられます。

反対に白アリなどの害虫に注意する必要があったり、施工コストが高いなどいくるかのデメリットがあります。

そしてコンテナ建築の場合の外壁断熱の最大のデメリットは、コンテナの壁パネルが見えなくなるということです。そうするとコンテナかどうかはほどんどわからなくなります。もちろん知識のある方が見ればわかりますが、コンテナの特徴的な部分はなくなります。

これを望む方もいらっしゃいますので、そういった場合に選択していくことができます。

内断熱と外壁断熱の組み合わせ

内断熱では密閉断熱方式と通気型断熱方式の二種類を採用しているので、

  • 内断熱(密閉断熱)+外壁断熱
  • 内断熱(通気型断熱)+外壁断熱

という二つの組み合わせができます。

断熱性能の高さ

ポリウレタンフォーム断熱>外壁断熱>内断熱

です。組合せの場合はもちろん断熱性能は高くなっていきます。比例してコストも高くなっていきます。

このように断熱性能には差があり、コストにも開きがありますが、一般的な内断熱だけで十分な断熱ができることを確認しています。