コンテナハウスは耐用年数が長く、移動もできるので長年使うことができるエコでロハスな建築

エコとは

エコとはエコロジーという言葉からきた言葉で、自然環境保全への関心や意識のこと。環境にいいということ。

例えば地球温暖化に配慮したり、余分な資源を使わないように心掛けたり。もっと身近な言葉で言えば、ゴミを減らすように心がけたり、石油から脱却して無限の資源の太陽光エネルギーや風力、地熱エネルギーを活用したりすることです。

またエコノミーという言葉からきた言葉でもあります。エコノミーとは経済のこと。環境と経済は結び付いていて、経済だけ、環境だけを発展させることはできないと言われています。環境問題を解決することが経済の発展にもつながり、より一層環境の保全が図られるようになっていきます。

このようにエコロジーとエコノミーの両方からエコという言葉が使われるようになりました。

地球環境保全は世界で一丸となって考えるべきこと

地球環境に関する不安が世界中に広がり、エコロジーに対しては世界で一丸となって考えていく時代となりました。

異常気象や天変地異を少しでも抑えるため、環境破壊がこれ以上起こらないようにするために、低炭素化社会の実現のために、社会で、国家で取り組んでいます。

コンテナハウスのエコとは

使い捨てず、いつまでも使い続けることのできるコンテナハウス。それは非常に地球環境意識の高いエコな建築物です。

建築は環境への影響が大きい行為だからこそ配慮していく

こうした中、建築は環境への影響が非常に大きい行為です。時に開拓し、森を切り開き、二酸化炭素を排出し、土地そのものの構造も変えることもあります。また海に土地を作ることもあれば、山をなくしてしまったり、ダムで谷を水面下に沈めてしまうこともあります。

建築業はこうした環境への影響を限りなく少なくする努力をすべき業種でもあります。

建築は人間にとって街づくり、安心できる場所作り、経済の発展など様々な面でもなくてはならない業種です。だからこそ環境に配慮していかなくてはいけません。

コンテナハウスはエコ住宅、エコ建築へ

では実際に弊社がコンテナ建築を行う上で努力している点を紹介します。

  1. 建築用コンテナは持続可能なユニット
    シンプルかつ高い剛性を持ち、いつまでも利用することができるシステムとして考えられています。再利用、移設、増築、また縮小築など自由に行うことができます。これまでの建築とは違い、構造体そのものが高い持続性を持っています。
  2. シンプル構造
    構造を簡単にすることで構成するパーツもシンプルにすることができます。もちろん排出炭素の低減につながっています。
  3. 断熱構造の研究開発
    標準でも十分な断熱構造を持っていますが、それ以上に効率のいい断熱構造を開発、採用することで無駄なエネルギーを使う必要がなくなります。また結露などによる酸化ダメージを減らす効果があります。
  4. クリーンエネルギーの採用
    コンテナハウスでもクリーンエネルギーとの組み合わせができるよう包括的な開発努力を行っています。

コンテナハウスが最高のロハス建築であり、エコロジー住宅となるように、更に質を保ったままできる限りのローコスト低価格にできるように、商品を開発しています。

ABOUTこの記事をかいた人

CONTAINER BASE編集長 松浦

キャンプ大好き30代後半のコンテナベース編集長。コンテナハウス企画・製造・販売に関わり、「見慣れたものではない、面白いものを作ることができる」ことを知ってほしいと、コンテナベースから情報発信していくことになりました。