【施工事例】傾斜地に設置した延床10㎡のコンテナオフィス。

延床10㎡の魔力

防火・準防火地域以外の増築時に限るものの延床10㎡以下のコンテナハウスは建築確認申請が必要ない。

家の庭に置くもよし、裏山に個人スペースとして隠れ家のように使ってもいい。

一時的に必要なだけの仮スペースとして使用するのも有効的な使い方。

傾斜地に浮いた10㎡のコンテナハウス

一部の屋根をなくすことで20フィートコンテナの延べ床面積を10㎡以下にして、建築確認申請を不要にしている。

ベタ基礎の上にコンテナハウスを設置し、向きを変え、高さも変えて、浮いたように設置された開放的なコンテナハウス。

一見不定形な階段を差し込むことで、浮いたコンテナに独立と調和を与えている。

傾斜地に設置されていることで角度によって見え方も変わる。

軒のある後ろ側。

何が始まるのか、ワクワクさせる突然現れたようなコンテナハウス。