【施工事例】日本テレビ発注の手作りパンとピザの店No.4

番町、麹町にある番町の庭広場にできた日本テレビ放送網株式会社がクライアントのナンバーフォー。手作りのパンとピザのお店です。

千代田区の中でも由緒正しい地区にできた番町の庭は400㎡の広さがあり、地域貢献などを目的としたイベントや地域の人たちや通勤通学の方たちの憩いの場として使われている空間です。

麹町、そして番町の庭に合うように江戸を感じさせる和を感じさせるコンテナハウスにするという要望でした。

コンテナハウスは長方形という概念を壊し、三角の屋根を取り入れることでぐっと和に近づいていく。

明かりによる見え方も大切。窓の儲け方や明かりの配置で雰囲気はぐっと変わる。ここまでガラス張りにできるもの弊社の建築用コンテナを利用しているからこそ。

コンテナハウスにデッキを作るのは定番となってきているが、ここでもデッキを取り入れつつ、どこかに和を感じさせる雰囲気を大切にしている。

広い店内で席も十分確保されています。

そして窯のあるキッチン。コンテナハウスであるにも関わらず煙突があり、中から見ればコンテナであることはわからない仕上がりです。

全面窓になっていて採光はもちろん、広い店内がより広く見え、デッキがあることで店内から地続きであるかのように見え、更に広く感じるようになっています。

立派なキッチン。ここだけみればコンテナハウスであることは全く分かりません。

屋根施工の様子

No.4は和風であることもひとつのテーマなので、三角大屋根をかけています。

デザイン性を優先しコンテナの上部に屋根を設置しているので、コストはかかっています。

このように屋根の内側が外からも見えることで和風テイストでありながら重厚感が演出されています。

外構と合わせ、和風モダンなカフェとして完成しました