【施工事例】コンテナ7台を使用した千葉県のモンスターコンテナハウス

弊社で施工したコンテナハウスの家主がAirbnbに出していましたので、そちらを利用して宿泊させて頂いた時に写真を撮ってきました。

20フィートのコンテナを7台も使ったモンスターハウス。191平米もありかなり広い家に仕上がっています。

一階は20フィートを3台、両端と真ん中に配置して橋渡しをし、二階の20フィート4台を支えている構造になっています。二階の4台は横に2台ずつ連結して大空間を作り出しています。

外の横から階段で二階にあがれるようにもなっていたりと趣向を凝らした建築になっています。

こちらもコンテナハウスのイメージに合った男らしいガレージです。撮影時の車は入っていませんが、車はもっと奥まで入れれますし、横向きであれば余裕で入ります。

左は先ほどのガレージの扉を締めて内部から写真を撮ったところです。このように駐車場ではなく、遊び場として使われています。右側はゲスト用のベッドルーム。遊んで疲れても何人も泊まれる部屋があります。

ガレージの向かって右側。写真は以前に撮影したもので、今はダーツが数台置いてあり、右側の窓は塞がっていました。

一階のガレージ横のキッチンスペース

ガレージ横のキッチンスペース。外観はコンテナらしい無骨なデザインですが、SHIROI-BASE CAFEスペースは白く塗ったことで一気に爽やかな雰囲気に変わります。

SHIROI-BASE CAFEとおしゃれなデザインのドア。

ドアから中に入ったスペース。家族の団らんが想像できるアメリカンなスペース。キャンプ用ランタンなんかを置いてもOK。食器もキャンプ用のクッカーを使ったら雰囲気でそうです。

まるで海外のような雰囲気をうまく表現できています。

2階リビングスペース

階段を上がってすぐ。とても広いことがわかります。外観の黒い無骨さからは想像もつかない、まるでシーサイドのような爽やかさのある空間です。

大型のテレビですが、部屋があまりに広いので小さく見えます。

かなり広いスペースなので仲間でビリヤードを楽しんだり、テレビを見たり、個々が好きなように楽しめるだけの空間があります。

下から覗き込んだ写真です。窓際上部には棚を設けて、オシャレな収納になっています。窓も一面にあり、採光は抜群。明るい室内です。

一階バイクガレージ

コンテナハウスのデザイン性とバイクはとても相性がいいですね!