【施工事例】コンテナハウスはこんなことまでできる!佐賀県有田駅前の観光案内施設キルンアリタ

コンテナ建築のデザインの可能性

「コンテナ一本の中でできることしかできない」と思われがちなコンテナハウスですが、コンテナを繋げたり重ねたり、壁も全て取り払うこともできることを伝えてきました。

しかしそれだけじゃありません。コンテナ建築におけるデザインの可能性はその先があります。

観光案内施設 KILNキルンアリタ

佐賀県有田といえば有田焼です。この斜めに配置されたコンテナは登り窯をイメージしたもの。赤い色は炎を表し、サイドのコンテナが窯を表しています。

観光案内所、レンタカー、レンタサイクル、カフェが入っていて、有田に来てくれた人や電車を待っている人などが集まれる場所として作られました。

コンテナハウスは無骨で男らしいイメージがあるかもしれませんが、ケルンアリタのようにポップでキャッチーなものもできますし、海辺の爽やかな店舗にもできます。ベンツのNEXT DOORのように洗練された高級別荘のようなオシャレな建物を作ることも可能です。

コンテナに持っている固定概念はコンテナ建築を知れば知るほど壊されていきます。

内部施工の様子。斜めに配置されたコンテナは壁面は排除され、天に向かって伸びていくような開放的な空間作りになっています。先には窓が設けられ、高い位置から明かりが入ることで内部を全体的に明るく照らします。

内から外からの図。外から見るとコンテナが独立しているように見えますが、中では一体化した独創的な空間が広がっています。

写真を撮影している位置場所、つまり斜めに配置されたコンテナの下側はこの建物の入り口になっています。

コンテナハウスだからこそできるデザインで高い自由度を求めたい

このようにコンテナ一本一本が分かれてなくてはいけないわけではありません。どのようにも連結ができ、自由な空間を作ることができます。

これは剛接合のラーメン構造で造った建築用コンテナだからこそできるデザインです。

佐賀県有田市観光案内所 KILN ARITA(キルンアリタ)

所在地:佐賀県西松浦郡有田町本町丙972-31

カフェヘスティア

営業時間:9:00~17:30(ラストオーダー17:00)
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は火曜代休)