【施工事例】建築用コンテナで造られたメルセデスベンツconnection NEXT DOOR

コンプライアンスをなによりも大事にする上場企業や世界トップメーカーのひと、メルセデスベンツが採用した弊社のコンテナ建築

メルセデスベンツが建築基準法に違反している建物を作るなんてことは到底考えられないこと。だからこそ採用前の打ち合わせでもコンプライアンス問題や建築基準法についての話が出ました。

全てを説明したうえで採用されたメルセデスベンツ Connection NEXT DOOR

延床面積は100㎡以下なので防火地域であっても準耐火建築もクリアしています。

吹き抜けになっており、高さで5mあります。梁がでていますが、この辺りにコンテナの味が出ていますね。

吹抜け二弾積みで4号建築としてはこれが最大です。

しかしこれだけ見るとコンテナ建築であることはわからないのではないでしょうか。

オープン前で家具を配置し始めたところ。工事は全て終わり、後は家具を配置したりしてオープンを待つだけの状態です。

まるでオシャレなテラス席のような一枚。

NEXT DOORのコンテナ制作風景

SUVモデルプロモーションのために作られる空間。壁の白い部分は外断熱をしているところ。

コンテナハウスではコンテナ感を残すために、外断熱は少ないが、内断熱よりも効果が高いので快適性はあがります。