【施工事例】ショッピングモールのポップアップトーキョー青山

駐車場にも使えなかったり、駐車場位にしか使わない土地は意外と多くあります。その土地を有効活用したい時にコンテナハウスは非常に役立ちます。

ローコスト低価格で工期が早いので思いついたらすぐにスタートでき、将来的には場所を移動することもできます

経験的には最低3年使える土地であればこのような施設を作るものおすすめです。

ポップアップトーキョー青山

構想時は上記のようなデザインからスタートしました。

青山駅前に土地を一時利用でお借りして建築したコンテナショッピングモール。

現在はありませんが、数年間テナントが入り、にぎわっていました。一階は三軒のテナントが入ります。

二階はウッドデッキスペースになっています。テナントに飲食店が入っている時はわいわいとにぎわい、一日中活気のあるショッピングモールでした。

写真が小さくて申し訳ありません。レッドシダー材のウッドデッキです。温浴施設、旅館や神社仏閣の設計・建築をしておられる現代の名工に施工をお願いしました。

屋上デッキスペース。青山通りを見下ろせるロケーションでゆっくりとできる飲食スペースです。

何に使えるかわからない土地も有効活用できます

短いコンテナでも20フィート(約6メートル)ありますので、最低限その位の幅は必要ですが、割に狭い土地に設置することができます。

例えばこちらはそのまま庭など開いている土地におけるタイプ。もちろん電気水道を使う場合は通す必要がありますが、建築申請が不必要で基礎工事をしないで置くことができます。

こうしたワンルームタイプのコンテナも格安で導入できるシステムも整っています。