コンテナハウスの基礎について

コンテナハウスは基礎が大切

いくら建築用コンテナ自体が強固で頑丈だとはいっても、基礎がしっかりしなくては傾いたり、二階がずれたり、強度を保つことができない危険な状態になりかねません。

コンテナハウスを作りたいと考えた場合にはコンテナがいくらかに目が行ってしまいがちですが、実際には基礎工事や電気ガス水道などのライフラインも必要です。建築予定場所が防火地域や準防火地域かもしれません。多くのことを考える中で今回は基礎について考えていきます。

コンテナハウスの基礎はひとつだけじゃない!数種類あります

ベタ基礎と布基礎の二種類があり、布基礎でも4点基礎、6点基礎、H型基礎などコンテナハウスを建築する場合にはいくつかの基礎から施工方法を選ぶ必要があります。

ベタ基礎とは

※写真の和田コンテナはベタ基礎です。

ベタ基礎とは底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の底一面がコンクリートになっていますから、家全体の重みを底全体で受け止めることができ、安定性に優れています。

布基礎(4点基礎など)は打設の回数が3回で基礎を作るのに比べ、ベタ基礎は2回で基礎を作ることができ、工数を減らすことができます。使用するコンクリート量は多くなってしまいますが、2回で済むメリットは大きいものがあります。

また床下は全てコンクリートになるため、シロアリ対策になります。湿気も上がりにくいです。

布基礎とは

布基礎とはTの字を逆さにした鉄筋コンクリートが連続して配置された基礎です。

ベタ基礎は一面がコンクリートになっているのに対し、布基礎は必要な部分のみコンクリートにしてあり、高さがあるため、ベタ基礎よりも自重のある建築物には向いている場合があります。

土がむき出しの部分に防湿処理をしない場合にはコンクリート使用量も少なく、ローコストで造ることができるというメリットもあります。

ただし布基礎は床の下が地面がむき出しになるため、湿気に弱くなります。その分、コストも安くなりますが、最近では防湿シートを敷き、その上から押さえコンクリートを流すことが多く、こうすることで地面からの湿気を防ぐことができますが、打設が3回必要でベタ基礎よりも行程が一回増えてしまい、高コストに繋がります。

このため現在ではベタ基礎が増え、採用されることも少なくなった工法です。コンテナの設置では布基礎を採用する場合もあります。

基礎は建築する土地の状況でも変わります

ベタ基礎がいい、布基礎がいいという希望があるかもしれませんが、例えば建築予定場所が水平ではなく落差がある場合は布基礎で高さを合わせて作るとローコストで造れたりと、建築する場所に合わせた基礎を選択する必要があります。

またコストでも変わってきます。基本的にはベタ基礎を採用しますが、必ずしもベタ基礎で造れるわけではないことを知っておくと、コンテナハウス建築相談時にはスムーズに進むかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

CONTAINER BASE編集長 松浦

キャンプ大好き30代後半のコンテナベース編集長。コンテナハウス企画・製造・販売に関わり、「見慣れたものではない、面白いものを作ることができる」ことを知ってほしいと、コンテナベースから情報発信していくことになりました。