コンテナハウスにおすすめのキッチン!タイプ別に特徴を解説

コンテナハウスのキッチン

どの種類でも設置可能

コンテナハウスの内部は一般的な住宅とほとんど変わらないので、設置自体はどの種類のキッチンでも可能です。

ただしキッチンの種類によっては広いスペースが必要だったり目的によって向き不向きもあります。ではキッチンにはどのような種類があるのでしょうか。

キッチンの種類:壁付けキッチン(クローズキッチン)

壁付けキッチンとは

コンテナハウス キッチン

作業台が壁を向いてくっついている「壁付けキッチン」。クローズキッチンとも呼ばれます。

リビングやダイニングとキッチンが分かれている家や、一般的な賃貸のキッチンではこの形がスタンダードだと思います。

壁付けキッチンのメリット

壁付けキッチンのメリットは、シンクやコンロをきゅっとまとめた小さいキッチンもあり、様々な型にサイズに対応できる点です。

また安いキッチンも多く、壁向きなので料理に集中しやすいです。火や油を使うため気が散らないクローズキッチンを好む方もいます。

壁付けキッチンのデメリット

壁付けキッチンのデメリットは、壁を向いての作業になるためリビングの様子を確認できないこと、疎外感を感じるなどの点です。

テレビやこどもの様子を見たり、家族とコミュニケーションを取りながら家事をしたい方には壁付けキッチンはあまりおすすめとは言えません。

コンテナハウスでは…

コンテナハウスでも壁付けキッチンを選ばれる方は多いです。

壁付けキッチンは同じ大きさでも少ないスペースで設置が可能なので、20フィートなど小さなスペースにキッチンもおさめたい場合にも壁付けキッチンは便利です。

キッチンの種類:アイランドキッチン

アイランドキッチンとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

ナツミさん(@___natsumi96)がシェアした投稿

アイランドキッチンとは、キッチンが島のように壁から離れて独立しているキッチンです。

アイランドキッチンに憧れる人も多く、デザイン性の高いキッチンが多いのが特徴です。

アイランドキッチンのメリット

完全に壁と離れているため、作業台をどの方向からでも使うことができるので、複数人で料理するにも非常に便利なキッチンとなっています。

またリビングやダイニングの方を向くオープンキッチンなので、作業中も周りの様子を確認したりコミュニケーションがとりやすいメリットがあります。

アイランドキッチンのデメリット

デメリットとしては、独立した大きいキッチンが入ることになるので、壁に沿ったキッチンよりも広いスペースが必要になります。リビングやダイニングのスペースがその分狭くなることも考慮しなければなりません。

またアイランドキッチンは価格が高い傾向にあります。

コンテナハウスでは…

アイランドキッチン自体の敷居が高いこともあり、コンテナハウスでアイランドキッチンを選択する人はあまり多くはありません

ただ料理教室、別荘、飲食店の厨房、広々としたモンスターコンテナハウスなど目的や広さによってはアイランドキッチンを選択される方もいます。もちろんアイランドキッチンの設置自体は可能ですのでご相談ください。

キッチンの種類:ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンとは

キッチン コンテナハウス

ペニンシュラキッチンとは、片側の壁に接しているオープンキッチンで、壁から突き出たような形のキッチンになります。

そのためアイランドキッチンに対して半島(ペニンシュラ:Peninsula)という意味の名前がつきました。

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンのメリットは、壁際の換気扇近くにコンロや匂いが出やすい設備を置くことができるので機能性でもメリットの多いキッチンです。

壁に寄せる設置になるので、アイランドキッチンほどのスペースも必要としません。

ペニンシュラキッチンのデメリット

I型のキッチンと似ていますが、ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンのように真っ平らで高さのあるカウンターがないため、作業台を清潔に保たないと見栄えが悪くなってしまうデメリットがあります。

コンテナハウスでは…

コンテナハウスではペニンシュラキッチンを希望される方も多いです。

住宅のキッチンとして全体的に人気が高まってきているタイプのキッチンなので、コンテナハウスでも希望される方は多い印象です。

アイランドキッチンほどスペースを取らないので、コンテナハウスにお洒落でかつスペースを取らないキッチンを設置したい場合はペニンシュラキッチンがおすすめです。

セパレートキッチン

セパレートキッチンとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブルースホーム小倉 輸入住宅さん(@brucefukuoka)がシェアした投稿

セパレートキッチンは、クローズキッチンとオープンキッチンを掛け合わせたキッチンで、コンロとシンクが前と後ろで分かれて配置されます。

Ⅰ型キッチンに対してⅡ型キッチンと呼ばれることもあります。まだあまり認知度は高くありませんが、徐々に人気が上がってきているキッチンです。

セパレートキッチンのメリット

セパレートキッチンは、くるっと振り返ることでシンクとコンロを最短で移動することができるため、効率よく料理を作ることができます。シンクとコンロそれぞれに広々とした作業台を確保しやすく、複数人での料理や作業もしやすいため、使い勝手も良いです。また前と後ろそれぞれに収納を付けられるため、収納スペースも広くとることができます。

セパレートキッチンのデメリット

デメリットとしては、両側で作業ができるようにするために広いスペースが必要になる点です。またセパレートキッチンはシンクとコンロの移動間で料理をこぼしてしまったり水滴が垂れてしまいやすいため、汚れやすいデメリットがあります。また価格も高い傾向があります。

複数人で料理をする際にも振り返る際に注意しないと反対側の人にぶつかったり料理を落としてしまう可能性があるので、危険もあります。

コンテナハウスでは…

セパレートキッチンもまた、広いスペースを必要とするため、アイランドキッチン同様あまり数は多くありません。

ただ厨房や広いキッチンが必要な飲食店では効率的に料理をするためにセパレートキッチンが人気です。

コンテナハウスでおすすめのキッチンは?

住宅の流行りキッチンは「対面キッチン」

一般住宅で今人気が高い流行りのキッチンは対面のキッチンです。

ペニンシュラキッチン、セパレートキッチンのように、リビングや部屋全体を見渡すことができるオープンな雰囲気のキッチンが今流行となっています。

20フィートには壁付けキッチン

20フィートのコンテナハウスのように、ギュッとキッチンや水回りの設備をまとめる必要があるコンテナハウスの場合、広いスペースを必要としない壁付けキッチンがおすすめです。

幅1m以下のミニキッチンもあるのでキッチンはなるべく小さく簡単におさめたいという方は壁付けキッチンがおすすめかと思います。

大きめコンテナハウスなら自由

コンテナハウスを2つ以上組み合わせた大きいコンテナハウスなら、どのようなキッチンでも自由に付けることが可能です。

ただコンテナハウスでは1つのコンテナハウスに水道設備をまとめると費用を安くすることが可能なので、まとめられるサイズや位置を検討いただければと思います。

コンテナハウスのキッチンまとめ

宮川
今回はコンテナハウスのキッチンについてまとめてきました。
コンノ
一般的な住宅と同じでも、コンテナハウスだからこその選び方はあるんですね。
宮川
そうですね。コンテナハウスはコンテナを組み合わせた設計になるので、水回りはまとめられた方が費用が安く済む傾向になります。

その辺も考慮しながら相談の上、選んでいただけるとお得かと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

宮川

長年建築関係に勤務していた経験を生かし、コンテナベースで建築全般に関するご相談とお客様担当をしています。建築だけでなく、エアコン清掃や庭木の剪定、断熱の施工方法など住まいに関わる部分も得意としています。