コンテナハウスのサイズとは?20、40フィートの寸法とイレギュラーサイズへの対応

コンテナハウスのサイズは自由

コンノ
コンテナハウスのサイズについて、色々な希望サイズでお問い合せいただくことが増えてきましたね。
編集長 松浦
そうですね。実際コンテナハウスは基本のサイズこそありますが、組み合わせたりすることで希望の広さにすることも可能ですし意外にサイズは自由と言えます。
コンノ
ただコンテナハウスのサイズでよく耳にする基本サイズの20フィートや40フィートというサイズはいまいちピンと来ない方もいると思います。
編集長 松浦
そうですね。ではこの記事ではコンテナの基本的なサイズや、少ないコンテナで大きなスペースを作る方法などを詳しく紹介したいと思います。

建築用コンテナの基本サイズ

コンテナハウスの基本的な規格となっているサイズは、

  • 20フィートコンテナ
  • 40フィートコンテナ

の2種類になっています。フィートとはヤードやポンド法の長さの単位を表しています。

建築用コンテナのサイズ一覧表

 20フィート40フィート
面積14.2㎡29.7㎡
4.29坪8.9坪
7.7畳16.2畳
長さ×幅×高さ約6m × 約2.3m × 約2.6m
(605.8cm ×234.8cm ×259.1cm)
約12m×約2.4m×約2.5m
(1219.2cm × 243.8cm × 251.9cm)
最大総重量
20.32トン(24トンも一般的)30.48トン

※コンテナ総重量とは、コンテナの自体の重量と貨物の総重量を足した重さ

20フィートコンテナと40フィートコンテナの違い

20フィートと40フィートのコンテナの面積・広さでみると2倍くらいの違いがあります。

幅で見ると10cm程度しか変わりませんが、40フィートのコンテナは長さが20フィートのコンテナの2倍になっており、面積もおよそ倍の値です。

コンテナ基本サイズが2種類の理由

海外輸送をスムーズにするため

基本サイズが20フィートと40フィートの2種類なの理由は、ISO規格に則ったコンテナ輸送可能サイズが20フィートと40フィートで統一されているからです。

ISOとは「国際標準化機構」という意味で、世界中で海上輸送や国際取引をスムーズに行うために決められた世界共通の基準です。

この機関が定めているのがISO規格で、コンテナのサイズもこれによって基準が決められています。

格安で輸送が可能に

コンテナハウスで使用する建築用コンテナが海外製造であったり国内を移動する際には、規格の20フィートまたは40フィートである必要があります。

それによってコンテナ輸送の恩恵を受けられ、どの国でも国内でも格安で運ぶことができるようになります。

イレギュラーなサイズのコンテナハウス

イレギュラーでも作れる

今までお話してきたのは、基本規格に則った20フィート・40フィートのコンテナのサイズでしたが、イレギュラーなサイズのコンテナもあります。

サイズがいくつであっても製造方法は変わらないため、作ることは問題ありません。費用もある程度は変わった分のサイズに合わせて対応できます。

ただし例えば小さくなった場合、小さくなった分だけ部材費が安くなりますが、工賃は大きくは変わらないので半分のサイズになったから価格も半分になるとはいえません。

JRコンテナ(鉄道)基準のコンテナ

JRコンテナとも呼ばれている鉄道輸送用コンテナは、ポピュラーなサイズに12フィート、最近では31フィートも頻繁に使われるようになっているようです。

輸送費が10倍になることも

しかし輸送を行う場合には、規定サイズ以外であれば例え10フィートと小さくなった場合でも輸送費は10倍にもなることもあります。

20・40フィートにつくり輸送

このため、イレギュラーコンテナを運ぶ場合は、合計して20フィート、もしくは40フィートになるように作って輸送します。

どういうことかといいますと、例えば15フィートのコンテナが必要な場合には、残りの5フィート分のハウスや階段、テラスなどを作り、くっつけて合計20フィートにして輸送します。

イレギュラーコンテナの実例

当サイトで紹介されている施工例ではレッドブルのDJブースがあります。

【施工事例】20フィート以下で造ったレッドブルのDJブース!20、40フィート以外でも自由に作れるコンテナハウス

2017年6月19日

こちらは13.44フィートのDJブースだったため、残りの6.56フィート(約2メートル)で階段を作り、二つをくっつけて合計20フィートとして輸送を行いました。

DJブースと階段がくっつけられている様子。作業員がいる方がDJブースで、手前が階段です。設置する時はそれぞれ別々にして設置します。

少ないコンテナで大きなスペースを作る方法

コンテナを両サイドに配置

コンテナの広さが20フィートが15㎡弱なので、2つで30㎡弱となりますが、コンテナを両サイドに配置し、梁でつなげることで真ん中に広いスペースを確保することができます

この画像のように両サイドにコンテナを配置し、梁で繋いで屋根を作ることで真ん中にリビングルームを作ることができます。上記画像ではコンテナ2台で3台分の広さを確保しています。

この作りではコンテナ2台で60㎡、約19坪程度の広さにすることができます(狭くすることも可能)。

ABOUTこの記事をかいた人

CONTAINER BASE編集長 松浦

キャンプ大好き30代後半のコンテナベース編集長。コンテナハウス企画・製造・販売に関わり、「見慣れたものではない、面白いものを作ることができる」ことを知ってほしいと、コンテナベースから情報発信していくことになりました。