中古コンテナのコンテナハウスの価格、見積もり例を紹介!

中古コンテナのコンテナハウスの費用感

弊社では中古の海上輸送用コンテナを使用した建築物は請け負っておりません

が、それでも中古コンテナのお問い合わせが多いため、中古コンテナを使用した場合の費用感を解説させていただきます。

中古コンテナを使用した建築は各社見積価格に違いがあり、同じもののお見積もりをとっても倍近く違うこともあります。

中古コンテナの見積もり例

例えば中古コンテナの20フィート1本がだいたい20万円となりますが、追加費用がかかります

この追加費用をプラスすると20フィート1本が100万円以上となることも少なくなく、建築用コンテナと同程度の価格か、建築用コンテナよりも高くなってしまうこともあります。

中古海上輸送用コンテナ20フィート×1200,000
補修工事錆取り、錆止め、穴補修工事など300,000(例えば)
外部工事構造体工事700,000(例えば)
合計1,200,000

ここから開口部工事や断熱、内装工事などを行うことになります。もちろんこの価格より安価なお見積りもあると思いますし、高い見積もりもあると思います。

新品と違い、状態次第で価格は幅を持って変化します。

雨漏りや錆、凹み、傷など補修費用

中古コンテナは必ずと言っていいほど錆や傷、凹みがあります。中には穴が空いているものもみられますので、錆取り錆止め、塗装や穴補修などの板金が必要です。

購入する中古コンテナの状態によって価格は大きく上下します。

構造体工事費用

建築確認申請を通すために、中古コンテナを覆う構造体を作る必要があります。

この構造体工事費用が作り方にもよりますが、例えば100万円と中古コンテナ価格よりも高くなることが見込まれます。

中古コンテナでコンテナハウスは難しい!中古コンテナが建築確認申請を通る状態とは

2017年6月19日

それ以外の工事費用は建築用コンテナと同じ

電気水道ガスやユニットバスやトイレなどの設備、設置費用などは建築用コンテナと変わりはありません。

新品の海上輸送用コンテナの費用

新品の海上輸送用コンテナを使用したらどうかという質問を頂くことがあります。

まず構造体としては中古コンテナと変わらず、建築基準法をクリアしていないので建築確認申請を通すことができません。

そして価格が素の状態で20フィート1本100万円~と、ここから構造体を作ることを考えるとかなり高くなってしまうため、メリットはないかもしれません。

中古コンテナの利用法

中古コンテナを建築物として建築確認申請を通すことは手間のかかることですが、例えば大きな倉庫を建築した後に、倉庫内での間仕切りや部屋のように使う方法があります。

使い方を考慮すれば非常に安価で頑丈な部屋として使うことも可能です。

弊社では中古コンテナの取り扱いはありません

弊社の場合では、中古コンテナを使用して建築したとしても新品の建築用コンテナを使用するよりも高くなる場合が出てきてしまいます。

このため弊社ではお取り扱いはせず、建築用コンテナを製造、販売、使用しています。

ABOUTこの記事をかいた人

CONTAINER BASE編集長 松浦

キャンプ大好き30代後半のコンテナベース編集長。コンテナハウス企画・製造・販売に関わり、「見慣れたものではない、面白いものを作ることができる」ことを知ってほしいと、コンテナベースから情報発信していくことになりました。