コンテナハウスにウッドデッキを設置!木材や費用相場、DIYについて

コンノ
コンテナハウスにウッドデッキを付けたいと考える方も多いのではないでしょうか?
宮川
窓を開けた時にすぐ目の前にウッドデッキがあれば開放感や別荘感も倍増すると思います。そんなコンテナハウスにウッドデッキを付ける方法や価格相場も気になるのではないでしょうか。

では今回はコンテナハウスにウッドデッキを取り付ける際に必要な知識や価格相場について解説していきたいと思います。

ウッドデッキを付ける方法・手順

骨組みは工場で組み立てる場合も

ウッドデッキをコンテナハウスで取り付ける場合、基本的に建設現場にコンテナハウスが到着して基礎工事をして、コンテナハウスの設置が終わってからになるかと思います。

ただコンテナハウスのウッドデッキの骨組みを施工して現場でウッド部分のみ取り付けるというケースもあります。

ウッドデッキの設置にかかる費用

ウッドデッキをコンテナハウスに設置する場合、当然ウッドデッキの広さや種類などによって価格や施工にかかる費用も変わってきます。

費用は60万円~300万円

ウッドデッキを設置する場合にかかる費用は約60~300万円と非常に幅が広いです。

広さや木材によっても変わる

ただ広さやどのようなウッドデッキにするかによっても費用は変わってきます。狭い面積で必要最低限のウッドデッキですと60万円くらいから設置することができます。

また天然の木を使用したウッドデッキにするのか、人口の木のウッドデッキにするのかによっても価格は変わってきます。

ウッドデッキの木材の種類

ウッドデッキに使用する木材によっても費用は上下するとお話しましたが、ウッドデッキに使用する材料にはどんな種類があるのでしょうか。

天然木材のウッドデッキ

天然木材のウッドデッキは、まさに自然にある木を使用して作られるウッドデッキで、こちらを一番にイメージされる方が多いかと思われます。

天然の木ということもあり、防虫対策や耐久性は人口木材には劣りますが、コンテナハウスは別荘や隠れ家として使用される方も多いため、木の香りやぬくもりの感じを重視することが多く、天然の木材にこだわりたいという希望も多く聞かれます。

天然木材の種類

天然木材の中にも使用される木によっていくつか種類があり、「ソフトウッド」と呼ばれる木材は人口木材よりも安く入手できます。

耐久性に優れた「ハードウッド」や防腐注入木材」などを選ぶと、ウッドデッキの費用はどうしても高くなります。しかし品質を求めるなら、やはりウッドデッキとして使用するのはハードウッドがおすすめです。

このように品質が良い物をつくろうとすると費用が高くなってしまうため、始めは天然の木を使用したいと希望されていても、最終的に天然木材を使用するには至らない方が多くいらっしゃいます。

人口木材(樹脂木材)のウッドデッキ

人口木材(樹脂木材)はプラスチックと木の粉を合わせてつくられた人口素材の材料で、耐久性に優れ、手入れや使い勝手なども天然の木材に比べると楽な素材となっています。

自然との調和や断熱性などを見ると天然木材の方にメリットがありますが、長く使用することや実用性を考えると、人口木材のウッドデッキの方が経済的に思われます。

人口木材の質感

人工木材と聞くと、しょぼく見えないかと心配される方もいるかもしれませんが、そこまで樹脂・人工感が大きすぎるわけではありません。木目もありますし、木の粉が入っているので木の質感も感じられるため違和感を感じるほどでもないかと思います。

DIYでウッドデッキをつくる方も

DIYでウッドデッキを自作

木材や必要な材料を買ってきて自分でDIYしてウッドデッキをつくられる方もいらっしゃいます。

DIYでウッドデッキを製作することで、業者に頼むよりも安くウッドデッキを完成させられるというメリットはあります。

DIY自体を楽しみたい人にはおすすめ

しかしウッドデッキ一つのDIYでも非常に時間と手間がかかりますし、工具や材料を揃えたり失敗を繰り返すうちにどんどん費用がかさんでいく、というのはDIYあるあるです。

「ただ安くつくりたい」という方よりも、ウッドデッキが欲しいということはもちろん、DIYをする楽しみの部分を大切にしたいという方にはおすすめですが、この時間に働いていたらウッドデッキの費用分は稼げていたかも…と後悔する可能性がある方はやめておいた方がいいかもしれません。

余裕を持って取り組み始めよう

DIY初心者でウッドデッキをつくろうと考えられている方は、DIYに詳しい方に手伝ってもらったり、できる限り作業に入る前に調べきってしまいましょう。

また時間や期間に余裕を持って取り組むことをおすすめします。基本的な作業も外で行うなら、地域の気温や天候、湿度などもチェックしておくといいでしょう。

コンテナハウスのウッドデッキまとめ

宮川
以上、コンテナハウスのウッドデッキについてまとめてきました。
コンノ
ウッドデッキに使用する木材によって価格が変わってくるんですね。
宮川
そうですね。長く使用するなら目先の安さではなく長い目で見た時の実用性や耐久性を重視した方がいいと思います。
コンノ
コンテナハウスにウッドデッキを設置したいと考えられている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

宮川

長年建築関係に勤務していた経験を生かし、コンテナベースで建築全般に関するご相談とお客様担当をしています。建築だけでなく、エアコン清掃や庭木の剪定、断熱の施工方法など住まいに関わる部分も得意としています。